私の日々のしょーもない出来事を中心に書いてます。 基本、博多弁で。

  なんばしよっとのナビゲーター   トップページ > 2008年12月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年

2008 - 12/31 [Wed] - 22:58

今年もいろんなことがあった。

来年の抱負としては、ライブとか旅行とか行きまくりたい。
若いうちに好きなことしないとね。

あと、もう少し体を絞りたいかなぁ。

仕事は新しいことにチャレンジしたいかな。
これはいろいろあって、4月までとりあえずおあずけ。

それまでは、たとえ後輩にムカつこうと我慢するっす。

来年は不況で厳しい年になりそうだけど、その中でも楽しさを見出していける年でありたい。

まぁ厄年なんすけど。

スポンサーサイト

大掃除

2008 - 12/30 [Tue] - 22:30

今年は年末の休みが長いせいか、大掃除をたっぷりした気がする。

ホントに。
ほうき

卓球

2008 - 12/29 [Mon] - 22:56

今日も卓球を楽しんだ。

徐々に上達してきたが、一時的に過ぎないな。

まぁ年末年始、楽しもうっと。

体動かさんとね。

卓球

卓球台

2008 - 12/28 [Sun] - 22:54

我が家に卓球台があった。

まぁ話には聞いてたけど。

目の当たりにしたら、なんかすげぇな。

帰省

2008 - 12/27 [Sat] - 22:39

本日、福岡に帰って参りました。

はい、新幹線のグリーンにて。

社会人らしく、リッチに。

つうか、普通席いっぱいやったんやもん。

使えるもんは使わんと。

ちなみに帰りは普通の指定席です。

今年のブログ

2008 - 12/26 [Fri] - 23:29

今年は後半、どうでもいいことばっかだけど、ブログ頑張ったなぁと思う。

来年もできるだけ毎日書くようにしようっと。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

クリスマスなのに~

2008 - 12/25 [Thu] - 23:48

メリークリスマス。
特に祝うことなし。


今日入ったコンバットじゃインストラクターは何にも扮装してなかったっちゃけど、受ける方の会員の人たちの半分くらいが扮装してた。

私は、その一団の側に行きたくなかったっちゃけど、スペースがなくて、その後ろに行くハメになり、昨日に引き続き目のやり場に困った。

とてもやりにくかったぁ。

着ぐるみとか特にやけど、ほんと暑苦しい。
つうか、本人たちもやりにくいやろうに。

しかもやってるのが、若い人でなく、40歳以上ぐらいの人たち。
それぐらいしか楽しみがないんかなぁ。



【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

イヴなのに~

2008 - 12/24 [Wed] - 23:46

今日は、イブというのに、ジムに結構人来てた。
まぁど平日ですから。

男のインストラクターの人が女装して、コンバットやってくれたけど、見ないようにしないと笑ってしまいそうで、大変だった。
金髪のズラが汗でまとわりついて大変そうやったぁ。
あとスカートも(城のタイツははいてたけど)。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):45分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

となり町戦争

2008 - 12/22 [Mon] - 23:18

本日の映画レビューは、「となり町戦争」

なんかめっちゃ気になるタイトルというか、どんな映画なんだろーって思ってたので、見てみた。

<内容>



舞坂町に暮らし始めて一年、北原修路(江口洋介)は町の広報紙で隣りの森見町と戦争が始まる事を知る。
しかし、開戦初日を迎えても町の様子に変化はなく、戦争を実感することは何一つなかった。広報紙に掲載される戦死者数を除いては…。
数日後、対森見町戦争推進室の香西(原田知世)と名のる女性から電話があり、特別偵察業務辞令の交付式への出席を促される。
その業務の延長で、やがて北原は敵地へ潜入するため香西と結婚する事になる…。

行政事業としての戦争を業務として遂行する。それは旨味のある商売ゆえに町興しの一貫として粛々と進められるのだ。
戦争である以上、人は死に、愛国心ならぬ町への愛を胸に兵士たちは血を流し倒れて行く。
が、所詮、死者は統計上の数字に過ぎない。



戦時下であることを実感できないまま否応なく戦争に取り込まれて行き、気づいた時には戦争のど真ん中にいる。
何か不気味な、そして、考えさせられる映画だった。

そして、地球上のどこかでは現実に戦争が起こっていて、それは隣町ではないけれど、日本人としてはどこかよそのこととしてとらえている。
気づけば戦争にってことがない世の中にずっとなっていればいいなと素直に願いたくなる映画だった。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

酒井家のしあわせ

2008 - 12/21 [Sun] - 23:17

本日の映画レビューは、「酒井家のしあわせ」


関西の田舎町に住む酒井家は、父・正和、母・照美、兄・次雄、妹・光の4人家族。
どこにでもありそうな一家だが、実は照美は再婚で、次雄は前夫の連れ子。次雄と光は父親違いの兄妹というちょっと複雑な関係の家族の話。
母親役が、友近で、コントで見せる演技力を生かし、おしゃべりで陽気な大阪のおばちゃんというか母を演じている。
そして、主人公の次雄は、こないだレビューを書いた「転校生 さよならあなた」でも主役の男子学生を演じていた森田直幸。
さらに父親がユースケ・サンタマリアということで、なかなか面白いキャスティングだった。

主人公の次雄は、やや反抗期で、親友ナリとつるんだり、同級生の秋に滑稽な告白をされたりしながら日々を過ごしていた。
とここまでは、どこにでもある大阪の日常という雰囲気だったが、ある日突然、父親と母親が喧嘩して、父親が職場の友人(男)を好きになったという理由で家を出て行った。
この場面がなかなか面白かった。

別居が続いて、しばらく経って、祭りで父と会ったときに、次雄に気づかずに同僚が「病院」のキーワードを発してしまい...。
次雄は、その後、その同僚のところへ真相を尋ねに行き、真相を知る。
真相とは、父が入院することになって心配かけまいとした行為だったって話。
んで、次雄は、それを母親に打ち明けるかどうかすっごい悩んでて、意を決して言って、で病院へ行く。
結局のところ、母親は薄々知ってて、言ってくるまでほっといたらしいが。

全体的に、次雄の振り回されっぱなし感が面白かったなぁ。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

デイ・アフター 首都水没

2008 - 12/20 [Sat] - 23:15

本日の映画レビューは、「デイ・アフター 首都水没」

最近、集中豪雨が多くて、この話も決して空想の話だけではない気がした。
自分だけ助かろうとする人、金にものをいわせる人、家族が離れ離れに
前にみた映画でもそうだったが、
なぜ政府の関係者の家族だけ優先的に助かるのか、あまり映画としては好ましくないのでは?と思いつつ、これがアメリカの現実なのだろう。

正直、映像はいい。ストーリー展開がイマイチだなぁと思った。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

GLAY VERB TOUR in Zepp Osaka

2008 - 12/19 [Fri] - 22:32

今日は、GLAYのライブ!
もちろん、年休。

VERB Zepp Osaka


ファンクラブ限定っつうことで、どうなることやら。
ドキドキ。

場所は、Zepp Osaka。

到着して、すぐグッズを買いに行こうと思ったけど、途中別の注意書きの紙を見てて、さぁ階段を下りて、階下のグッズ売り場に行こうとした途端、グッズの先行販売とロッカーは一時閉めますって。
目の前で止められた。
でも1人、無視して行った。

私は忠実に守った。
これが不運の始まり。

ロッカーに荷物が入れられず、そのままブロック&整理番号順のおおまかな待機場所へ。

夕方から夜になるにつれ、寒くなっていく。

私は後ろの方のブロックやったけん、かなりというか1時間は余裕で待たされた。
つうか荷物入れた半そでとか、薄着の人たちはめっちゃ寒そうだった。
まぁロッカーに入れられなかったのはある意味よかったのかもしれん。

ようやく会場に入ったものの、ロッカールームは超混雑。

出る人と入る人が狭い空間の中でおせこせしよる。

私も奥まで行ったもののもう空いてない。
つうか奥の奴、空いてないなら言えばいいのにー。

つうことで、まだ進入してくる人たちに、「もう空いてませんよ~」って、言いながら出た。
だって、空いてないのに探すだけ無駄やん。
混雑するっちゃけん。

で、そんなことしとったけん、もう後ろのほうしか空いてない。
もちろんスタンディング。

後から考えれば、このとき、グッズを買ってもよかったんやけどね。
邪魔になると思って...。

で、着てきたコート類をかばんに詰め込み、それを抱えたままライブスタート。

背が高い強みがあるものの、GLAYさん、あんまり見えん。
でも、進行していく中で、だんだんいいポジショニングができて、楽しめた。

Spitzのライブと違って、まったく押し合わず、拍子抜け。
何か曲のイメージだと逆っぽいのにね。

---セットリスト---------------------
・ACID HEAD
まさか最初にこの曲とは。

・サバイバル
ここでTERUさん、ステージから落ちました。

・GIANT STRONG FAUST SUPER STAR
ここでMCが入った気がする。

・REGRET
なつかしい曲やん。

・Lovers change fighters, cool
この曲は、何かテンション上がる。

・Lock on you
TERUさんのエロさ、いつもの通り全開でした。

・つづれ織り~so far and yet so close~
この曲は泣ける。ほんとしみじみいい曲。

・MIRROR
これはアルバムの最後の曲で、好きな曲。
以前のツアーで、こっからスタートやったけん、なんか思い出した。

・STARLESS NIGHT
これはホールツアーで発売前にみんなで唄った曲。
また練習して、みんなで唄った。

途中で、ツリー&サンタ登場。
メンバーにプレゼント配ってた。

・AMERICAN INNOVATION
タオルまわしまくりー、手叩きまくりー。

そうそう、さっき配られたプレゼントを1人1人紹介。

TERUさんは、たこるというTV局のキャラのぬいぐるみと色紙っぽいファンのメッセージ。
TOSHIさんは、森伊蔵。
SEIさんは、カップみたいなもの。見えんかった。
新地のママよりってメッセージで、「仕組まれたー」って言ってた。
HISASHIさんは、「この流れで開けづらいんだけど」と言って、開けたら中身はワイン。どうもファンからみたい。
JIROさんは、鈴。
次は、TAKUROさんの番のはずやけど、TERUさんはスルー。
会場の声があって、TAKUROさんの番。
プレゼントはなんとiPhoneですごく喜んでた。
メッセージはマネージャーからで「本番中ですが至急確認してください」ということで、
iPhoneの中に入ってる新曲をいくつか聞かせてくれた。
なんか新曲楽しみ。

・紅と黒のMATADORA
これライブでは初めて聞く。

・彼女の“Modern…”
まぁ、これはないとね。

・SHUTTER SPEEDSのテーマ
もちろん「大阪!」でした。盛り上がらんわけない。

・ピーク果てしなく ソウル限りなく
最近この流れ多いな。

・BEAUTIFUL DREAMER
これも定番っすな。

・VERB
ツアータイトルだし。

アンコールまではけっこう長かった。
小さい箱だと、あっさりそろう。
・Cynical
最近、アンコールでやるようになったなぁ。

・生きてく強さ
この曲もみんなで唄った。いい曲。

落ちたときにWhite Bandを落としたって言ってて、その辺りの人に聞いてたら、すぐに見つかった。
どうやら、亡くなったある子と交換した大事なBandだって。

つうか、今の今まで誰か持ってたんじゃない?って疑惑を持ってしまうが、本人に戻ったからいいか。
でも代わりに何かもらってたみたい。

・I'm in Love
久々に聞いた。で、みんなで唄った。
なんかいい終わりだった。

最後に新曲が流れた。

-------------------------------------

終わった後、グッズ買おうと思ったら、お目当てのタオルは売り切れ。
ガーン。

しょうがないけん、他のグッズをいくつか購入。

やっぱ、あのとき無視して突っ込めばよかったかなぁ。

まぁ、来年は15周年でライブいっぱいしてくれるらしいので、それに期待すっか。


【本日のメニュー】
・ボディ・ステップ(プログラム):30分
・筋トレ:5種×15回×2セット

転校生 さよならあなた

2008 - 12/18 [Thu] - 23:12

本日の映画レビューは、「転校生 さよならあなた」

昔、この「転校生」の内容に近い話を本で読んだことがあった気がして、気になって見てみた。
どうやら、オリジナルから25年たってリメイクした映画らしいが、

そのときは確か階段から転げ落ちて男女が入れ替わるって感じだったと思ってたが、少し違ってた。

<内容>


中学3年になる斉藤一夫が、両親の離婚を機に、尾道から幼少期を過ごした信州に引っ越してくる。
転校先の中学で幼馴染の斉藤一美と再会する。
偶然の再会を喜ぶ一美は、思い出話をするが、一夫は聞く気になれない。
そんな一夫を、「昔を思い出させてあげる」と言って、幼い頃よく遊んだ蕎麦屋の水場、に連れて来る。
水を汲もうと柄杓を伸ばした途端、足を滑らせ、二人は水の中に…。
這い上がった時、二人の体が入れ替わっていた!



まぁありえないけど、ドタバタ青春劇的な感じで、あっさり見れた。
ちょっと古臭い感じが、25年を感じさせたけど。
映画だったら1800円は出さないかもしれんが、2時間ドラマぐらいだったら見る人もいるんでは?。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

僕は妹に恋をする

2008 - 12/17 [Wed] - 23:11

本日の映画レビューは、「僕は妹に恋をする」

内容は、ズバリ、双子の兄と妹のラブストーリー。

<内容>


高校3年生の双子の兄妹、頼(松本潤)と郁(榮倉奈々)は幼い頃、結婚の約束をするほど仲よしだった。
しかし最近、頼が郁に冷たい。
郁は自分に想いを寄せる同級生の事を相談したいのだが、相手にしてくれない。
頼と同じクラスの友華は、放課後、友達と楽しそうに話している郁を教室から見守っている頼に近づき、「妹って得だね」と意味ありげにつぶやいた。
ある夜、ベッドで眠る郁に頼がキスをした。驚く郁に頼は、思いを打ち明けるのだった…。



なんだろーなぁ。設定というよりも、全体的にたいした話でもなく、終わり方もイマイチだし、そんなに面白くなかった。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

喉の調子

2008 - 12/15 [Mon] - 23:49

今朝起きたらめっちゃ喉痛っ、って感じで、こりゃー風邪ひきそうと思い、風邪薬を飲み、
マスクをして出社。

職場環境はそれほど良くないというか、ウォームビズでエアコン温度は低めやは、なんかかんそうしてるは、土足やけんほこりっぽいはで(掃除はみんなでしてるんだけどね)、悪化しそうな要因が盛りだくさん。

体は元気なので、今日もジムには行ったけど、若干切れ味は悪いものの動けた。

ライブに向けて体調を万全にせねば!

【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

楽しく

2008 - 12/14 [Sun] - 23:09

12月はほぼ毎日のようにジムに行ってる。

つうか1年以上経って、まだ楽しく行けてる。

なんかあってるんだろうな。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分


キサラギ

2008 - 12/13 [Sat] - 23:08

本日の映画レビューは、「キサラギ」

<内容>



アイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男たち。

ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。
それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。誰しもが「自殺なんかする娘じゃない」と思っていた。そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。
この発言をきっかけに、男たちの侃々諤々の推理が始まった…。



ひとつの部屋の中で繰り広げられる“密室劇”。
日本映画には珍しいワンシチュエーション・サスペンスで、とにかく後半は次から次にえーっと思うような新事実が発覚していってめまぐるしい展開。

集まった5人の男たちを演じるのが個性派ぞろい。

家元は、小栗旬。
オダユージは、ユースケ・サンタマリア。
スネークは、小出恵介。
安男は、塚地武雅。
イチゴ娘は、香川照之。

ほとんど5人のしゃべりと動きのみ。
なかなか面白かった。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ

2008 - 12/12 [Fri] - 23:07

本日の映画レビューは、「ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ!」

<内容>



心理学者のデビッド(ロバート・デ・ニーロ)は、バスルームで手首を切り自殺する妻を発見する。
その惨状を、娘のエミリー(ダコタ・ファニング)も目撃してしまう。
9歳のエミリーにはあまりにショックで、すっかり心を閉ざしてしまう。

心配したデビッドは、娘を思い郊外の静かな町に移り住む。季節はずれの別荘のような一軒家は、エミリーの心をいやすのに理想的だと思われた。
しかし、エミリーは回復するどころか、いるはずのない友達「チャーリー」と遊ぶようになってゆく。

心理学者であるデビッドは、「架空の友達を作ることは心理学的によくあること」と考えていたが、エスカレートしていくエミリーに頭を悩ますのだった。
ある深夜、物音に気づいて目を覚ますと、バスルームでなにやら気配がする。
恐る恐るのぞいてみると、そこにはクレヨンで殴り書きされた「彼女を殺したのはおまえだ」の文字。
振り向くとそこに泣きじゃくるエミリー。
娘を問いただすが「チャーリーがやったの」の一点張り。果たして、「チャーリー」の正体は・・・



いやー、ホラーとか嫌いなので見らんのやけど、まさかねと思ってみたら、怖いやん!!
急に大きな音出したり、急に真っ暗にしたりして。それだけじゃないけど。

「結末絶対にばらさないでください」って言うから、「シックスセンス」ばりの結末が待ち受けているんだと思っていたのですが、わりと「ああやっぱり」みたいな感じで、途中でわかっちゃった。

子役のダコタ・ファニングの演技がうまいなと思った。

もう絶対この手のは見ない。
怖いもん。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):45分

マッハ!

2008 - 12/11 [Thu] - 23:04

本日の映画レビューは、「マッハ!」


実際にCGやワイヤーアクションとかを使用せずに肉体だけでやっている映画ということで、気になってみてみた。

<内容>


タイの片田舎、のどかなノンプラドゥの村では、人々を災いから守ってきたオンバク像の感謝祭が執り行われようとしていた。そんなある晩、オンバク像の首が切り取られ、村の外に持ち去られてしまう。犯人は村の出で、今はバンコクで密輸団の手先となっているドンという男だった。災いを恐れる長老たちは、村一番のムエタイの使い手である青年ティントに白羽の矢を立てる。村人たちが貧しい暮らしの中から集めた旅費を手に、ティントは一路バンコクへ旅立った。初めて見る大都会でティントはドンの居場所を探し始めるが…。



CG、ワイヤー、スタント、早回しといった現代アクションのトレンドを封印し、生身の肉体による“実演”のスゴさは堪能できる。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

SUPERMARKET FANTASY

2008 - 12/10 [Wed] - 23:55

今日はMr.CHildrenのアルバム「SUPERMARKET FANTASY」の発売日。

すっかり予約するの忘れてた!!

早く聞きたいのは山々っちゃけど、来週はGLAYのライブがあるけん、どうせ聞けん。

つうことで、週末にでもネットで買おうっと。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

チケット到着

2008 - 12/08 [Mon] - 23:55

今日、GLAYのVerb Tourのチケットを受け取った。

Zeppなのに、一応ブロック指定みたい。
つうことで、最前列は無理だなぁ。

それでも近いし、せっかく運良く当たったわけだし、回りはFanClubの人だけなので、相当すごいことになりそう。

がんばろーっと。

問題は、服と荷物。
当日までに作戦練らねば。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分
・筋トレ:5種×15回×2セット
・腹筋:20回×2セット

予約

2008 - 12/07 [Sun] - 20:25

昨日は極寒やったけど、今日はだいぶマシだな。

Mr.Childrenのツアーの抽選予約、また2つばかしやりました。
あー、もうここらで当たってくれないかなぁ。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分
・腹筋:20回×2セット

タルト作り

2008 - 12/06 [Sat] - 22:08

今日は、ケーキ教室に行って、洋ナシのタルトと、チョコプリンを作った。

出来栄えは、↓。

タルトは、洋ナシと桜桃を使ってて、かなりタルト生地もしっかりできて、
超うまかった。

タルト


チョコプリンは温かいまま冷蔵庫に入れたので、分離してて、あまりイケてなかった。

チョコプリン

欲しいもの

2008 - 12/05 [Fri] - 23:24

今日はボーナス支給日。
でも、飲みに行くわけでもなく、ふつーに残業。

今忙しい時期だし。

欲しいものってなんだろ。

まず、時計だな。
電池切れたし。
前に金具が壊れて、そのときにもう次電池が切れたら新しいのって決めてた。
傷だらけだし。
結構気に入ってたけどね。

あとは、いま持ち歩いてる歩数計とリンクするヘルスメーターが欲しいんだけど、高いんだよねぇ。

そこまで出すかなって金額やし。

とかいいながら、その何倍もするブルーレイ・レコーダーを実家に買おうかなとか思ってる自分がいる。
ブルーレイかぁ。
DVDの方がメディア安いしな。
そんなに焼かないしな。
とか悩む。
HDD容量で決めるかな。

買うなら、もちろんビエラリンクさせるので、PanasonicのDIGAで決まってるけど。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

残業規制

2008 - 12/04 [Thu] - 23:22

不景気のあおりを受けて、残業があまりできなくなった。

ということで、いつもは行かないというか行けないジムへ行っちゃうので、
帰宅時間は、今までより遅くなっちゃってる。

まぁ、楽しいからいいけど。

これも12月まで。
1月からは早起きしなきゃなんないので、0時頃帰宅なんてありえない。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):45分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

K-20

2008 - 12/03 [Wed] - 23:43

今日は、数日前に当たったと報告した「K-20」の試写会に行ってきた。

前に予告編で見て邦画やけど面白そうと思っていたので期待してた。

舞台は、1949年、帝都。
社会は、19世紀から連綿と続く華族制度によって富める者と貧しき者の二極化がなされていた。
曲芸手妻師・遠藤平吉は、小さなサーカス小屋で人気を博していた。
サーカス団のメンバーは、皆貧民街で暮らす人々だ。

羽柴財閥の跡取り・羽柴葉子は、名探偵・明智小五郎との結婚を間近に控えていた。
そんな折、二十面相から羽柴家へ一通の予告状が届く。
「結納の儀、当日。羽柴財閥が持つ、ブリューゲルの『バベルの塔』を頂戴する」と。

一方、平吉はある紳士から、葉子と明智の結納の儀に潜入し、写真を撮ってほしいとの依頼を受ける。
報酬に魅力を感じた平吉は了解するが、それは二十面相の罠だった…。

感想としては、なにげに面白かった。
次々にいろんなことが起きて、飽きさせない展開はよかったと思う。
キャストも豪華だしね。

あとで、撮影が北九州や九大であったと聞いて、あーもしかしたらあの場面かなとか思ったんやけど、う~ん、見る前に聞いときゃよかった。
つうことで、TVであったらまた見るかも。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分
・筋トレ:2種×15回×2セット

JIRO本

2008 - 12/02 [Tue] - 23:55

JIROちゃんの本が届いた。

やっぱネットは楽チン。

早いな。探し回る手間を考えたら、さっさと申し込んどくんだった。

1500円以上だったので、送料無料だし。


写真、かっこよすぎるばい!

めったに行かないが

2008 - 12/01 [Mon] - 23:59

月曜はめったにジムへは行かない。

なぜなら残業で遅いのと、TVの録画番組が多いから。
これ、27日の木曜と同じセリフやばってん。

でも、今日は行っちゃった。
というか、今日もというか。
明日朝早いのに。

まぁストレス発散といいますか、今月はちと頑張ろうかなと。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

 | HOME | 

プロフィール

やっ ちゃん

Author:やっ ちゃん
福岡と家族をこよなく愛するのぼせもん。
音楽、映画、旅行などなど結構多趣味かも。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Mr.Children Songs

GLAY Songs

BLOGPET

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ランキング

blogram投票ボタン

Time for Christmas

rare collecrives vol.3&4

GLAY LIVE DVD

『ザ・タウン』検定

RSSフィード

占い

ブログ内検索

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

アジャストメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。