私の日々のしょーもない出来事を中心に書いてます。 基本、博多弁で。

  なんばしよっとのナビゲーター   トップページ > 2009年11月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Mr.Children Dome Tour 2009 ~ SUPERMERKET FANTASY ~

2009 - 11/30 [Mon] - 22:04

ミスチルのライブについては福岡が初日っつうこともあって、これまた詳しいことを書くのは避けるばってん、昨日は特に夢のような一日やった。

初日は、スタンドやったけん、まず全体を見渡せたし、スクリーンとか、光とか映像とか演出もしっかり楽しめた。

2日目は、スタンディングやったけん、スクリーンとか全然見る余裕がなくて、ただひたすらステージの櫻井さんとかを見てるというか、音楽を楽しむことに専念した。

櫻井さんは、花道とかに結構来てくれて、もう超ちかーい、みたいな。きゃー

周りの人もみんなわーわー、きゃーきゃーで。jumee☆faceA93

伝わりにくい文章やけど。

もうほんとテンション上がりっぱなし。

たぶん誰もが思ってると思うけど、櫻井さんと目があったと思う。何度も。目
ほんと、みんながそう信じてると思うけど。

あとは花道の右か左かでいうと、こっちの方が絶対多く見てたとかね。

サブステージでも、ナオトの面白い動きとか、ナカケーさんや田原さんの笑顔とか、小林さんの華麗な指使いとか、肉眼で見れたのがよかった。

あー、JENはあのまんまって感じ。

新曲、聴けますってぐらいは言ってもいいか。

今年、最後のライブは、最高でした!

スポンサーサイト

スタンディング

2009 - 11/29 [Sun] - 12:59

昨日のライブの復習をしつつ、今日はスタンディングやけん、超わくわくしとります。

がっつり盛り上がってくるばい!

福岡へ

2009 - 11/28 [Sat] - 08:00

今から、福岡です。
あー、超楽しみ。

どんな曲やるんだろって想像してるのが、また楽しいんだよなぁ。

働き蜂

2009 - 11/27 [Fri] - 23:57

GLAYライブの余韻冷めやらぬまま、超仕事モード。
過去に例のないぐらいの忙しさ。

いやー、これ、ミスチルのライブ大丈夫なんでしょうか?

レイトン教授と魔神の笛

2009 - 11/26 [Thu] - 23:53

本日、「レイトン教授と魔神の笛」発売日。

つうことで、ちゃんと予約しとぉーばい。アップロードファイル

残業を終え、その足でジムに行っちゃうと、ソフトが買えんくなるけん、ジムあきらめ、ショップへ。

この歳になってゲームかぃ!って思う人もおるかとは思いますがぁ、
レイトンシリーズはちがーう!

謎解きで脳を活性化させるのだ!

まぁキャラクターがいいし。

これで4作揃った。

さー、新幹線のお供がでーきたっと。

GLAY ARENA TOUR 2009 THE GREAT VACATION in 大阪

2009 - 11/25 [Wed] - 23:54

今日は、待ちに待ったGLAYのライブの日。

仕事の都合で今日は休みをもらったので、余計なことを考えずにライブモード。

まだ、大阪の前は福岡の2日だけやけん、細かいことは書かんけど、光と音の演出が印象に残るライブやった。

ステージ構成もよかったし。

結構新曲中心だったので、新鮮でよかった。

願わくばもっと近くで見たかったなぁと。
ほんと、たまにはアリーナとかで見てみたい。

そうそう、未発表曲「Apologize」、聴けました。

シングル化するのかなぁ?



【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

仕事の前は飲むな

2009 - 11/21 [Sat] - 23:53

やっぱりつらかったです。朝が。

2時まで飲んでて、、、。

んで、9時30分には仕事してるみたいな。

で、気づけば、夜21時過ぎてるみたいな。

合宿

2009 - 11/20 [Fri] - 08:52

今日は休みをとって、会社の合宿へ行ってきます。
あー、泊まりでそのまんま家帰らず、次の日は休出。
重い...。

チケット入手

2009 - 11/18 [Wed] - 23:18

GLAYの来週の大阪城ホールのチケットを発券してきた。
がっくり。

スタンドで、ちと遠いし。

まぁ、とりあえず、久々に行けるだけでもよしとすっかぁ...。

チケット届いた

2009 - 11/16 [Mon] - 23:17

ミスチルのYahoo!ドームのチケットが届きました。

いやー、1日目は普通にスタンドっちゃけど、2日目はスタンディングエリアやったけん、
結構近いかも。




【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

The Great Vacation Vol.2

2009 - 11/15 [Sun] - 23:34

ここんとこはミスチルとGLAYの曲ばっか聴いてる。

そういや、GLAYのアルバム「The Great Vacation Vol.2」の感想、書いてなかったっけ。

3枚組のうち2枚はベストで、懐かしい曲が多いけど、
「Shatter Speedsのテーマ」とか再録で、なかなかよかった。
あとは、「ずっと2人で」とか、「pure soul」とか、「春を愛する人」とかは、やっぱいつ聴いてもいいよなぁ、みたいな。「BELOVED」も久々だけど、いい。

んで、3枚目は新曲たちなので、特に聴いてる。
1. 「GREAT VACATION」
これから何か始まるわくわく感があるんで、オープニングにふさわしいんだけど、案外外すかも。
まぁツアータイトルと同じだし、絶対やるやろうけど、どこに持ってくるんだろ。

2.「FRAME IS DEAD」
これはライブで盛り上がりそうな曲。
みんなどんな手振りやるんだろ。

3.「absolute”zero”」
これも絶対盛り上がると思う。
JIROちゃんの作った曲だし。
スピード感があるし、かなりテンション上がると思う。

4.「RainbirD」
いい曲なんだよねぇ、この曲。

5.「LET ME BE」
ピアノの旋律がきれいな曲。
TERUさんがサビとか聴かせてくれると思う。
しーんとした城ホールが目に浮かぶ。

6.「BLACK EYES SHE HEAD」
この曲はそんなに思い入れないなぁ。
なんか、GLAYっぽい曲ではあるんだけど、アルバムの曲って感じ。
ちょっと暗めなんだよなぁ。

7.「Tokyo Vice terror」
これはHISASHIさんのインスト曲。
福山雅治さんのガリレオのときの曲みたいな感じ。

8.「1988」
これもノリはいい曲。
そんなに好きではないけど。

9.「RUCA」
これもちょっとテンション下がるのでライブでやらなさそうというか、やらんでいいと思う曲。

10.「おまえと供にある」
これが一番聴いてない曲。
だってTAKUROさんが唄ってるんだもん。
たぶん、ライブでもやんないし。

11.「REAL SHADOW」
これもGLAYっぽい曲ではあるんだけど、アルバムの曲って感じ。

外事警察

2009 - 11/14 [Sat] - 23:38

恒例の新ドラマチェーック!!
11月14日開始のドラマ 「外事警察」 を見た。

またまたNHKのドラマだ。
「チャレンジド」が先週終わったので、その後のドラマ。

あまり聞きなれないというか、初めて聞いた「外事警察」という言葉。
こりゃー見ないわけにいかないっしょ。

話としては、外事つまり外国人テロリストをキャッチしてテロを未然に防ぐのがその任務みたい。

それが、警視庁公安部外事4課というとこで、そこにいる警部補の住本健司(渡部篤郎)のところに、所轄署勤務の松沢陽菜(尾野真千子)が実地研修でやってくる。

これってどこまで本当に近いんだろ。

日本はスパイとかに対して、外国ほどは動いてないと思うけど、このドラマじゃー結構ヤバイ捜査もしてるし、
こういうことができるだけの人材は、今の日本にはそんなにないかなぁって、やっぱドラマっしょって思ってしまう。
警察官の人員が足りないとか言ってて、捜査にあまり人をかけられないご時世やけんねぇ。

洋画とかだったらそうは思わんのにね。

まぁ、久々にドラマで見る渡部篤郎のちょっと過去がありそうな、ワケありっぽい役どころに注目かな。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

気になる曲

2009 - 11/13 [Fri] - 23:56

知らないアーティストとかの曲とか聴いてピンときて、後で意外と売れたりすることってあるよね。
私は、秦くんとか、flumpoolとか、売れるやろーなこの人って思ったら、そうなったけんね。

んで、最近気になってるのが、NICO Touches the Walls
無名とまではいかんばってん、名前ぐらいしか知らなかった。
もちろん、曲もちゃんと聴いたことがなかったし。

んで、Space Shower TVで「かけら-総べての想いたちへ-」という曲のプロモがみょーに気になって。
まぁ向井理くんが出てたのもあるんだけど。

んで、それって「傍聴マニア」の主題歌じゃーんってことに気づいて。
ドラマ見てたくせに気づかんかったのはさておき(だって歌は早送りしちゃうんだもん)。

だから向井くんが出てるんだね、プロモに。
檻と人間が印象的で、歌詞とうまくリンクしているプロモだと思う。

ギターの古村くんが妻夫木くん似でかっこいい。うん、彼だけね。
そのうちMステとか出たりして。

あと、もう一つプロモ見て気になってるバンドがあるんやけど、名前が覚えきれず...。
また見つけたら書きます。



【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):45分

Mr.Children Tour 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~

2009 - 11/12 [Thu] - 23:55

Mr.Childrenの今年のツアーのDVD『Mr.Children Tour 2009 ~終末のコンフィデンスソングス~』が昨日発売された。

今回のドームツアーはこないだのテレビの特別番組を見る限りじゃー、意外とアルバム中心よりは、昔の曲を結構やってくれるんじゃないかなぁと個人的には想像してる。

しかも、ドームなのにスタンディング席を用意したっちゅうことは、ノリのいい曲たちをやってくれるんじゃないかなぁとか期待してたりする。

まだ席は分からんけど、グッズも発表になったし、わくわくする。オレンジハート

あー、コレ↑を聴いていると、参加した場所は違うけど、ライブのときのことが思い出される。2009/02/15のブログを思わず、見返してしまった。

ほんとわくわくする。オレンジハート



【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

負けられん

2009 - 11/11 [Wed] - 23:53

本日、代休中。

あいにくの雨でどこにも行く気がせず、といいながら、ジムだけはちゃっかり行きました。

普段行ってる時間帯とは全然人が違ってて、アラ還の人たちばかり。

かなり混んでるし。
みんな元気だし。
二の腕出しまくりだし。

若者は、見習って、もっと元気にならんとねぇ。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

ライアーゲーム シーズン2

2009 - 11/10 [Tue] - 23:52

恒例の新ドラマチェーック!!
11月10日開始のドラマ 「ライアーゲーム シーズン2」 を見た。

2007年4月から放送されてた「ライアーゲーム」の第2弾。
もちろん、第1弾も見てたんで、楽しみにしてた。

今回は「ライアーゲーム」の4回戦からの話。
新しいキャラクターも出てきて、また面白そうだなぁと思わせる初回だった。

相変わらず、全然分からず、騙されっぱなし。
私、ライアーゲーム、絶対無理。

やっぱりこのクールNo.1の注目ドラマだなぁ。

Mr.&Mrs.スミス

2009 - 11/09 [Mon] - 22:56

本日の映画レビューは、「Mr.&Mrs.スミス」

<内容>


南米で情熱的な恋に落ちたジョン(ブラッド・ピット)とジェーン(アンジェリーナ・ジョリー)は、結婚し、晴れて「Mr. & Mrs. スミス」となる。5~6年後、夫婦に倦怠感が生まれていたある日、ふたりはお互いの「裏の顔」を知ってしまう。ジョンは建築業を隠れ蓑にした凄腕の殺し屋。プログラマーのジェーンは暗殺組織のエースだったのだ!この稼業では、自分の正体を知った相手を48時間以内に始末することが暗黙のルール。こうして、ふたりの壮絶な夫婦対立が勃発する…!


ブラピとアンジェリーナがはちゃめちゃな暗殺者夫婦役で、最初のシーンからは想像がつかないエキサイティング展開で、それなりに楽しめたかなぁって思う。

まぁありえないことだらけなんだけど、それがアメリカらしくていいというか。
めっちゃ、ぶつかり合うシーンでもちょっとユーモアがあるというか。

私的には、隣のおじさんのトボケたキャラが面白かったかな。

そうそう、この映画の監督さん、私の好きな映画『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマン監督なんだよねぇ。
そりゃー、面白くなるっしょ。

ブタのいた教室

2009 - 11/08 [Sun] - 23:22

本日の映画レビューは、「ブタのいた教室」

<内容>



ドキュメンタリーとしてテレビ放映され話題を呼んだ、大阪の小学校の新任教師による実践教育を基に映画化した感動作。1年間大切に育ててきたブタを食べるかどうかで大論争を巻き起こす子どもたちの、うそ偽りのない表情にカメラが肉迫する。『涙そうそう』の妻夫木聡が教師役に初挑戦し、子どもたちと素晴らしいコラボレーションをみせる。大切な命をどうするかという結論を自らの力で出そうとする生徒たちの姿勢が、痛いほどダイレクトに伝わり心打たれる。
6年2組を担任することになった新米教師の星(妻夫木聡)は、食べることを前提として子ブタを飼うことをクラスの生徒たちに提案する。校長先生(原田美枝子)にも相談し、卒業までの1年間26人の生徒が子ブタの面倒を交代でみることになる。最初は戸惑っていた子どもたちも、“Pちゃん”と名付けた子ブタを次第にかわいがるようになり……。


妻夫木くんが出てる作品なんで、見ないわけにはいかないでしょう。

まぁ内容自体に最初はさほど興味はなかったんだけど(展開が読めてたので)、
意外とうまかったなぁと思う。

特に、子供たちがPちゃんを食べる食べないで議論しているシーンで、その子供たちの主張がリアリティがあって、今の自分だったらどう考えるだろうとか、自分が子供たちの立場だったら同考えるだろうかとか、考えさせられた。

これはドキュメンタリーを基にした作品なので、実際にブタを育てた子達がいるわけで、今は恐らくもういい大人になっているだろうから、このときの経験がその後自分の人生にどう影響を与えたか、あるいは、先生はその後どういう教育者になっていったのか、知りたいなぁと思った。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

続・毛布事件 ~最終回~

2009 - 11/07 [Sat] - 23:41

ようやく毛布事件にピリオドが打たれました。

といってもこちらからの攻撃により~ですが。

10月にまだ薄手の毛布しか売ってないという連絡から、すでに1ヶ月経ち、最近かなり寒くなってきたというのに、一向に連絡をよこさんので、月曜に電話してみた。
最近は残業やら休出やらで、店が開いてる時間にすぐに行けるわけじゃーないけんね。

んで、電話に出んわ状態。

それから仕事に埋もれて電話するの忘れてて、再度水曜に電話。

まず真っ先に、自分は1週間休暇いただいてたので、分からんっつうことで、工場に連絡してみるって話。んで、連絡しますって。

おいおい。むすっ

んで、とある人物の強力な攻撃のおかげで、次の日の営業時間前には毛布を用意したとの連絡が。
何かもっとかかるみたいな話やったのに。

んで、本日、休出がなかったけん、行ってみたところ、一応、用意されてました。

が、前のより明らかに軽いは、中国製やはで、新しいということ以外、正直グレードダウン。
何か気にいらなかったら、買ってきてもらって領収書でって言われたっちゃけど、もうしゃーしかぁと思って、そのまま受け取りました。あー…

もう2度と行かんかも。
つうかね、2年更新の年会費とか払ってまで、あの店に出す意味はもうない。

もう顔バレしてるのも嫌だし。

よくばりはいかんかなぁ

2009 - 11/06 [Fri] - 23:16

GLAYのLive抽選。

大阪2日目を狙って申し込んでみたっちゃけど、見事落選。

やはり大阪は厳しいっす。

つうことで明日、一般発売っちゃけど、挑みません。

1日目取れてるし、仕事が忙しいんで。

まぁ今年はGLAYは全然行けてないないっつうか行ってないんやけど、まぁ1日行けるだけましか。

それにしても、私の知る限りまわりにGLAYファンは見当たらんというかファンでなくても、聴いてる人はおらんのに、なぜこんなにチケットは取れんのか...。

さて、とにかく25日は暴れるぞ!

それまでに新曲マスターしなきゃ。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分

サイドカーに犬

2009 - 11/05 [Thu] - 23:55

本日の映画レビューは、「サイドカーに犬」

<内容>



不動産会社に勤める薫は、ある朝ふいに1週間の有給休暇をとった。馴染みの釣堀で釣り糸をたらしながら、ふと、父が会社を辞め、母が家を出て行った数日後のことを思い出した。ヨーコさんという女性が家に来るようになった。たばこをスパスパ吸い、自転車を乗り回し、夕食には、「エサ」と言って麦チョコを食べさせる、破天荒な人だった。しかし、子供と対等に向き合って話をしてくれるヨーコさんを薫は好きになっていく…。



私の好きな女優の1人である竹内結子さんが出てる作品なんで、見なきゃと。

いつものちょっと秘密がありそうなキャラはあったけど、なーんか守ってあげたくなるようなキャラではなく、めっちゃ男気があるというか活発な女性を演じているのが、新鮮だった。

面白い映画かといわれると、そうでもなくて、タイトルの意味はまぁ映画を見ればすぐ分かるんだけど、結局のところ、何が言いたい映画かは分からんかった。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

ぼくたちと駐在さんの700日戦争

2009 - 11/04 [Wed] - 23:58

本日の映画レビューは、「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」

<内容>



1979年、とある平和な田舎町。ママチャリ率いる「ぼくたち」7人は、気ままな高校生活を送っていた。ぼくたちがする事と言えば、ママチャリが考えるイタズラ。ところが、ぼくたちのイタズラに怯まない駐在さんがやってきた。しかし、これがママチャリを熱くさせてしまった。しかも、駐在さんには、町一番の美人妻がいるではないか。許せん!かくして、田舎の町を舞台に、駐在さんとぼくたちのしょうもない戦いが始まった。



ちっちゃいエピソードの集まりみたいなストーリー展開で、何気に面白かった。

印象的には、「サマータイムマシン・ブルース」と同じ匂いがする作品って感じ。

駐在さん (佐々木蔵之介) のキャラが面白いし、ママチャリ (市原隼人) とか、ジェミー (冨浦智嗣) とか、高校生たちもそれぞれの役がハマっててよかった。

「つばさ」に出てた、辻村さん(小柳友)とか、「ウェルかめ」の和美 (倉科カナ) とか意外だった。
こんな映画に出てたとは。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):45分

さむっ!

2009 - 11/03 [Tue] - 23:55

今日、極寒やったねぇ。
まぁ休出してたんで、日中はさほど感じなかったけど、帰りが22時過ぎてたんで、
超寒かった。

おまけに、まだ毛布の連絡が来てなくて、ほんといい加減にしろーって感じ。

もう1ヶ月音沙汰なしやし、電話しよっと。

風邪ひくばい。

連休になるはずがない

2009 - 11/02 [Mon] - 23:55

今日休んだら4連休っちゅうことで、会社は休んでる人が何人かいた。

やっぱり仕事が忙しい時期ってこともあって、意外と休んでる人は少なめだった。

もちろん、私もお仕事です。

んでもって明日もね。

あー、去年の今頃は、スピッツのライブで最前列で盛り上がったっけ。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS

2009 - 11/01 [Sun] - 23:49

本日の映画レビューは、「隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS」

<内容>


戦国時代、隣国・山名に攻め込まれ陥落した秋月の城では、消えた埋蔵金と世継ぎである雪姫の行方を追って山名軍が躍起になっていた。そんな中、金掘り師の武蔵ときこりの新八は、偶然、秋月の隠し金を見つける。が、突如現れた真壁六郎太と名のる男とその弟に捕えられ、金も奪われてしまう。金を秋月の同盟国・早川へ持ち出そうと企む六郎太に武蔵は敵国の山名を横断する奇策を提案し、金の分け前を要求するのだった。



元の黒澤明の『隠し砦の三悪人』は見たことがないっちゃけど、まぁそれなりに有名なんで見てみようかなと。

邦画の時代劇+SFのジャンルに関しては「大帝の剣」でこりごりだったので、最初見るのにちょっと抵抗があった。
(「大帝の剣」のレビューは、2009/09/09のブログにて)

んで、見た感想としては思ったより、面白かった。
閾値が低かったかもしれないが...。

意外とストーリーとしてはコンパクトにまとまっていて、分かりやすかった。
余計なはみ出したストーリーがなかったというか。

まぁ無理がある部分はとりあえず無視して、細かいこと気にせずさくっと見る分にはいいかと。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

 | HOME | 

プロフィール

やっ ちゃん

Author:やっ ちゃん
福岡と家族をこよなく愛するのぼせもん。
音楽、映画、旅行などなど結構多趣味かも。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Mr.Children Songs

GLAY Songs

BLOGPET

カレンダー

10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

ランキング

blogram投票ボタン

Time for Christmas

rare collecrives vol.3&4

GLAY LIVE DVD

『ザ・タウン』検定

RSSフィード

占い

ブログ内検索

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

アジャストメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。