私の日々のしょーもない出来事を中心に書いてます。 基本、博多弁で。

  なんばしよっとのナビゲーター   トップページ > 2010年02月  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ザ・シューター/極大射程

2010 - 02/28 [Sun] - 23:10

本日の映画レビューは、「ザ・シューター/極大射程」

<内容>


元海兵隊のスナイパー、ボブ・リー・スワガー(マーク・ウォールバーグ)は一線を退き、広大な自然が広がる山奥で隠遁生活を送っていた。しかし、退役したアイザック・ジョンソン大佐(ダニー・グローバー)が彼のもとを訪問し、大統領暗殺計画が発覚したため、ボブの力を借りたいと言う。ところが、それは巧妙に仕組まれた罠だった。



まあまあ面白かったです。

前半、ジョンソン大佐にハメられて濡れ衣を着せられてから、逃げて、ロッジでの襲撃、などなど、アクション的に面白かった。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

スポンサーサイト

卒業

2010 - 02/27 [Sat] - 23:52

今日、ジムに行ったら、パンプのインストラクターの人がやめるってことで、
妙なコスプレをした人たちが数人いた。

インストラクターの人は泣くかも~って言ってたけど、結局は泣かず。

就職した今、何かから卒業するってことがなくなったから、なんかそういう区切り的なものがあるのって、
ある意味うらやましくなるときがある。

泣くこととかないもんなぁ。人前で。



【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

雨続き

2010 - 02/26 [Fri] - 23:48

最近、ほんと雨多いよねぇ。
マジで。

スーツのときの雨はほんとに嫌。

またまた

2010 - 02/24 [Wed] - 23:46

また明日から研修です。

ふぅー、準備しなきゃなー。

スーツはマジで疲れる。

銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~

2010 - 02/23 [Tue] - 23:23

本日の映画レビューは、「銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~」

<内容>


スシ王子こと天才寿司職人の米寿司は日本国内での修業を終え、今度はシャリの極意を学ぶためアメリカはニューヨークへ渡る。目指すはシャリの達人・俵源五郎の江戸前寿司の店「八十八」。ところが訪ねてみると、店はマフィアのペペロンチーノ一味の嫌がらせにあい廃業寸前だった。のっとりを目論む奴らの背後には謎の男ミスター・リンの影が。果たして司は「八十八」を守り、究極のシャリを体得できるのか!?



実は、ドラマ版の方は、見たことがなかったので、ドラマ版からの笑のエッセンスはさっぱりわからんかった。

突拍子もない感じというか、寿司をテーマにしてるんだけど、妙にアクションシーンが多いのと、中丸君の演技の下手さとか、ごちゃごしゃした映画。

キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

2010 - 02/22 [Mon] - 22:22

一昨日テレビが届きました。

いやー、見慣れるのあっという間だね。

オリンピック中だし、ようやく地デジのよさが分かる。

データ放送の字も読めるし!

テレビ、キタ━━━(゜∀゜)━━━ !!!!!

バレンタイン・リベンジ

2010 - 02/21 [Sun] - 23:43

先週のバレンタインの手作りお菓子の出来がよくなかったので、今日はリベンジ。

どうせジムも閉まってるし。

時間的余裕があると、おいしいのができますな。

明日職場に持っていこうーっと。

他店遠征

2010 - 02/20 [Sat] - 23:41

今日からいつも行ってるジムが改装工事で、ちょっと遠かったけど、他店に初めて行ってみた。

いやー、遠征してるとか他店に行ってるとかそういうのにハマってる人の気持ちが少しわかった。

いつもと違う人に教えてもらうのってちょっとした緊張感があって面白い。

こうしてハマっていくのかもしれん。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分
・ボディ・パンプ(プログラム):60分

ボウリング

2010 - 02/19 [Fri] - 23:38

今日は職場のレクでボウリングしてきました。

140と128でまぁまぁかな。

最近の休み

2010 - 02/18 [Thu] - 23:37

最近は平日に休むことを覚え、楽しんでます。

だってさー、それだけ休日に働いてたんだから、いいじゃんってね。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分
・筋トレ:5種×15回×2セット
・腹筋:15回×3セット

残業しすぎて

2010 - 02/17 [Wed] - 23:36

今日は、ジム行く気満々やったのに、残業しすぎて断念。

明日は休みなので、わくわく。

地震

2010 - 02/16 [Tue] - 23:35

今朝、出社準備してたら、地震がぁ。

一人で家にいるときに地震があると怖いっちゃんねぇ。

それにしても地震ってなんで、来るほんの一瞬前に分かるっちゃろーか?

あっ、来るって。

CHUCK

2010 - 02/15 [Mon] - 23:32

最近、会社の先輩に勧められた「CHUCK」という海外ドラマを見始めました。

途中からだけど、まぁ見れる感じ。

海外ドラマは多いから、手を出さなかったんだけど、これなら多少見逃しても大丈夫な気がする。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

ビエラ

2010 - 02/14 [Sun] - 20:05

ついにー、液晶テレビ、買いました。

ようやく人並みに地デジ、満喫できそう。

ブラウン管で14インチじゃー、まったく地デジの生かせず、
データ放送も字が見えやしないし。

26インチのVIERA(Panasonic)です!!

届くの楽しみだなぁー。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

菓子作り

2010 - 02/13 [Sat] - 21:03

バレンタインに向けて、朝から買出し。

午後になってさっそくお菓子作り。

もちろん職場の仲間への義理デス。

2種類作ったとこで、ジムへ。

帰ってきたら部屋がオーブンで焼いた後のお菓子の匂いが充満してた...。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

アキレスと亀

2010 - 02/12 [Fri] - 21:16

今日は先週に引き続き代休。

本日の映画レビューは、「アキレスと亀」

<内容>


裕福な家庭に生まれ育った真知寿は絵を描くのが大好きで、将来画家になる夢を持っていた。しかし両親が突然自殺し、一人ぼっちに。青年に成長した真知寿は、バイトで貯めたお金で美術学校に通っていた。そんな彼の前に美しい理解者が現れる…。同じ工場で働く幸子と結婚した真知寿は、彼女の手を借りながらますます芸術にのめり込んでいく。中年になった真知寿は来る日も来る日も創作に励んでいたが、絵はまったく売れなかった。



たけしさんらしい映画だけど、正直、同じような展開がずーっと続くので、
長く感じた。

ほんとに変わった映画。夫婦愛を描いてるとは思うけど、ようわからん。

絵がすごくたくさん出てくるけど、ぞっとするものもあって、とにかく色がキーなのかなぁ?

そして、最後の言葉の意味が、私にはまだはっきりとは分からない。

なんとなくしか。



【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

ジェネラル・ルージュの凱旋

2010 - 02/11 [Thu] - 23:58

本日の映画レビューは、「ジェネラル・ルージュの凱旋」

<内容>


「チーム・バチスタ事件」を解決に導いた(と思われている)東城大学付属病院の窓際医師・不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の委員長に図らずも任命された。そんな彼女の元に、一通の告発文書が届く。その内容は『救命救急の速水晃一センター長(堺 雅人)は医療メーカーと癒着している。看護師長は共犯だ』という衝撃的なものだった。と時を同じくして、告発された医療メーカーの支店長が院内で自殺する、という事件が起こる。またもや高階院長(國村 隼)から病院内を密かに探るように命を受ける田口。そこに骨折をした厚生労働省の切れ者役人・白鳥圭輔(阿部 寛)が運び込まれ、二人は嬉しくもない再会を果たす。実は白鳥の元にも同様の告発文書が届いていた……。

救命救急の速水センター長は“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”の異名を持つ男。切れ者だが、冷徹で非情な速水にはよからぬ噂も多かった。彼が主張するドクターヘリの導入も、それが何かしら彼の利益になるからだと陰口をたたく者もいるくらいだ。「支店長は自殺ではなく殺人だ! そして速水は告発通り収賄をしている!」そう口走る白鳥の言葉に田口は首を捻りながら、凸凹コンビの珍妙な捜査が始まる。
徐々に明らかになる院内の複雑な人間関係、速水のある秘めたる思い……。
“ジェネラル・ルージュ”の背後に隠された驚きの深層とは……?



チーム・バチスタの続編ということと、好きな俳優の一人である堺雅人さんが出てるってこともあって、楽しみにしてた。

前の作品よりはミステリー感がなくて、正直残念だった。

でも俳優陣はすごく豪華でそれぞれの演技がやっぱうまいなって思っちゃう。

竹内結子の田口も板についてるし。
あの弱い感じ、うまいよなぁ。

堺さんの医者姿かっこいいな。チュッパチャプスがおもしろい。

次回作も期待しちゃう!!


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

ふぅ=3

2010 - 02/10 [Wed] - 21:45

どっと疲れた。

気を張りすぎて。

ジム行ける時間だが、お腹もすいたことだしやめた。

明日は祝日だー!!

またまた

2010 - 02/08 [Mon] - 23:55

明日はまた泊まりで研修。
準備しなきゃならんことはあるのに、仕事も山積している。

気づけば22時30分...。

寝不足での研修はつらいので、さっさと寝たいけん、さー準備準備。

ただ、君を愛してる

2010 - 02/07 [Sun] - 23:10

本日の映画レビューは、「ただ、君を愛してる」

<内容>


何も言わずに自分の前から姿を消した静流(宮崎あおい)に会うため、誠人(玉木宏)はクリスマスでにぎわうNYへとやってきた。6年前、誠人は個性的な静流と出会い、静流は一目で彼に恋をした。写真が趣味の誠人と一緒にいたい一心で、静流もカメラを扱い始めるが、誠人は別の女性みゆき(黒木メイサ)に片思いをしていた。



「いま、会いにゆきます」の市川拓司原作の小説「恋愛寫眞 もうひとつの物語」の映画化で、「いま、会いにゆきます」も好きだし、主題歌の大塚愛の「恋愛写真」も好きだから、ずっと見たかった作品。

なんかほんとにせつなくなる純愛映画だなぁと思う。

それぞれの言葉には出せない気持ち、言葉とは裏腹な気持ち、がうまーく演じられていて、やっぱうまいなぁと。

カメラを持って、どこかに出かけたくなった。



【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

ロッキー・ザ・ファイナル

2010 - 02/06 [Sat] - 23:50

本日の映画レビューは、「ロッキー・ザ・ファイナル」

<内容>


 無敵のチャンピオン、アポロとの30年前の死闘を皮切りに、リングで情熱を燃やし続けたロッキーも今は引退し、フィラデルフィアで小さなイタリアン・レストランを経営している。愛妻エイドリアンはガンで他界し、息子のロバートも家を出て行った。エイドリアンとの思い出だけにすがって生きるロッキーは、心の空洞を埋めるようにして、再びプロ・ボクサーのライセンスを取得する。そんなある日、スポーツTV局が向かうところ敵なしの現役ヘビー級王者ディクソンと往年のロッキーの強さを比較するシュミレーション番組を放送し、両者の対戦企画が持ち上がる。ロッキーはある決意を胸を秘め、数万人の大観衆が熱狂するラスベガスのリングに上がるのだった……。



小さい頃、ロッキー4を見た思い出がある。
多分、私が最初に映画館で見た洋画な気がする。

なぜか見たという記憶だけ鮮明に残っている。

当時は、映画館は入れ替え制じゃなかったんで、途中から入って、
また見たところまで見るみたいな感じだったと思う。

なので、ロッキーの続編だけは見とかないとなって思った。

あれだけ歳とってて、体も老いてるけど、それでもあの肉体はすごいなぁと思う。

話自体は試合というよりも、息子との絆、妻のエイドリアンの死をどう受け止めていくかが心理的に中心だったと思う。

あの有名なテーマ曲は、ジムでごくたまーに聞く。
それも腹筋のとき。
燃えるよねぇ。



【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

まったり~な平日

2010 - 02/05 [Fri] - 23:44

今日は代休。
いぇーい。3連休だ。

なので、久々の外でのランチ。

いやー、たまにはこういうのもいいっすな。


【本日のメニュー】
・ボディ・パンプ(プログラム):60分
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

ゴーストライダー

2010 - 02/04 [Thu] - 23:03

本日の映画レビューは、「ゴーストライダー」

<内容>


ジョニー(ニコラス・ケイジ)には17歳で悪魔(ピーター・フォンダ)に魂を売り、病気の父を救ったという秘密があった。30歳になった彼が最愛の女性(エヴァ・メンデス)と再会した時、再び悪魔が現れ、魔界の反逆者ブラックハート一味を捕らえるよう言い渡す。彼は魔力で“ゴーストライダー”に変身し、追跡を始める。



最初はなんか悪魔とかの世界の話?と思ったけど、すごい非現実路線でもなく、アクションというかSFが多少あったので、見れたかなぁ。

ヒーローものっちゃ、ヒーローものか。

マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋

2010 - 02/02 [Tue] - 23:00

本日の映画レビューは、「マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋」

<内容>


勝手に動き回るおもちゃ、風もないのに空を飛ぶ紙飛行機、絵本から飛び出す本物の動物たち…まるで魔法の国のようなおもちゃ屋“マゴリアムおじさんの不思議なおもちゃ屋は、今日も大盛況。オーナー・マゴリアムおじさん(ダスティン・ホフマン)の下で働く若き支配人のモリー(ナタリー・ポートマン)もこのおもちゃ屋をこよなく愛していた。そんなある日、モリーはマゴリアムおじさんにこの店を継ぐように言われる。ところが、マゴリアムの引退に不満なおもちゃたちはその日から荒れ始める。すっかり落ち込んでしまったモリー。果たして大好きなおもちゃ屋を守ることが出来るのか…?



たぶん伝えたかったことは信じる心を持つことだと思う。
魔法が使える、使えないとかではなく。

あまりみない映画の系統ではあるけれど、ストーリーは割と分かりやすかった。

でも、おもちゃが外国のものなので、日本人が見るとちょっと違和感があるものもあったかな。

色使いはとにかく鮮やかだし、どちらかというとキャラクターものなんてないし。

泣かないと決めた日

2010 - 02/01 [Mon] - 23:37

1/26初回の「泣かないと決めた日」を見てみた。

あまり興味はなかったっちゃけど、見てしまったらなんか気になる展開。

自分の職場じゃー、まぁ足のひっぱりあいとか、いじめとかないんで、共感ポイントはぜんぜんない。
でも、こんな職場、けっこうあるんじゃないかなぁ。

特に女性ばっかりのとことか。

まぁこのドラマじゃー、男も陰湿だけど。

どっちかというと私はくよくよしてるの嫌いだから、主人公にイライラすんだよなぁ。
抵抗せい!って思っちゃう。
まぁできない理由も分からなくはないけど。

いじめてる方もいじめられる方も紙一重なんだよな。
ちょっとしたことで、立場がころころ変わるし、集団心理ってのも怖いし。

もし自分だったら隙は見せずに淡々と相手に不利な証拠を集めるかなぁ。

主人公が救われているのは、デキル男を味方につけてることと、気づいてる上司がいるってこと。
これがなかったら間違いなく辞めるだろうね。

主人公がどうなってくのか、先はなんとなく見えてるけど、ちょっと気になるドラマだな。


【本日のメニュー】
・ボディ・コンバット(プログラム):60分

 | HOME | 

プロフィール

やっ ちゃん

Author:やっ ちゃん
福岡と家族をこよなく愛するのぼせもん。
音楽、映画、旅行などなど結構多趣味かも。

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

Mr.Children Songs

GLAY Songs

BLOGPET

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

ランキング

blogram投票ボタン

Time for Christmas

rare collecrives vol.3&4

GLAY LIVE DVD

『ザ・タウン』検定

RSSフィード

占い

ブログ内検索

リンク

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

アジャストメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。